種類別の対策 | レビトラを入手して気になるお悩みさようなら|元気のみなもと

レビトラを入手して気になるお悩みさようなら|元気のみなもと

男の人

種類別の対策

3つの包茎

錠剤

包茎は3種類、それぞれ頭に「仮性」「カントン」「真性」という字が付き、この中でも最も始末におえないタイプの包茎は真性。カントンも健康を考えれば絶対に手術で治すべき包茎であり、仮性は、治したい人は治せばいいというレベルの包茎です。見た目が気になってコンプレックスになっているというのも、手術を受ける立派な理由です。皮がかぶっている状態の中でも、指でチョロッとやれば剥くことが出来て、勃起もスムーズで、ペニスを思い通りに使うことが出来る、そういう包茎を仮性包茎と呼びます。カントン、真性と呼ばれるものは、そうではない包茎のことです。真性は、文字通り皮が先端までほとんどすっぽり覆っていて(もちろんオシッコのための穴は開いていますが)、どうしたって剥くことが出来ないという状態を意味します。そしてカントンは、無理やり掴んで引っ張り出せば露出できないことはないものの、皮によって亀頭が締めつけられ、痛い上に血が通わずに大変なことになってしまうというタイプのものなのです。

手術の方法

包茎手術は、仮性でも真性でもカントンでも、基本は同じです。余った皮を切るというのが、基本的な流れとなります。皮が亀頭を覆うほど大きいからそういう状態になってしまうのであって、手術で切ってしまえば、覆いかぶさることもなく、どんな意味でも包茎にはならないのです。ところで、切除手術の方法は包茎の状態が1種類でなかったのと同じように、1種類ではありません。これまた、2種か3種の方法から選ぶことが出来るのです。代表的な方法は、余った分の皮をぐるりと巡るようにメスで切り取り、「カリ」の下で縫ってしまうという方法です。この方法は、仮性包茎を手早く治療するために使われます。カリの下で縫うのは、そこなら影になって手術跡があるとはわかりにくいからです。カントンや真性の包茎を治すための包茎手術は、まれに亀頭と皮が癒着している場合があるので、それを離す治療から行われます。離した上で、やはり皮を切除して、縫って仕上げるというのが流れとなっています。