手術の必要性 | レビトラを入手して気になるお悩みさようなら|元気のみなもと

レビトラを入手して気になるお悩みさようなら|元気のみなもと

男の人

手術の必要性

仮性の手術

薬剤

包茎の中でも、いわゆる「仮性包茎」という普段は皮をかぶっているけれどいざとなったらすぐにスルッと剥けるタイプの包茎。「これって手術の必要はあるの?」と思っている人もいるでしょう。結果から言えば、最終的には自分でどうするか決めるべきではありますが、手術しないよりは、したほうが良いといえるでしょう。なぜなら、包茎の状態のままではペニスが先細り状態のままで、大きくならないというデメリットがあるからです。普段の生活では別に不自由はしませんが、「性生活」について考えれば、小さいよりは大きいほうがいいということになります。また、手術をせずに皮がかぶったままの状態にしていると、皮の内側に汚れがたまり、臭いの原因になることがあります。小さいペニスもそうですが、不潔なペニスというのも、性生活には不向きです。もちろん、剥いて洗うということは出来ますが、毎晩お風呂でいちいち剥いて洗うよりは、手術でいっぺんスッキリしてしまったほうが、のちのち便利なのです。

真性、カントンの手術

真性包茎やカントン包茎に関しては、手術の必要性についてくだくだしく述べるまでもないでしょう。「真性」という文字がつくと、「ほんとうの意味で、マジで、包茎になっている」ということを意味するようになります。また「カントン」は「皮が剥けないわけでもない」というところが厄介で、無理やり剥いてしまうとカリの下あたりで亀頭が皮によって締めつけられ、痛みを催すことがありますし、血流が阻害されて健康的にも良くないことになってしまいます。包茎手術とは、単に「剥けてるほうがカッコイイから」という理由だけでなく、痛みや、病気のリスクを軽くするためにも受けるべきものなのです。